通勤電車のストレスを減らそう!通勤しやすくする処世術3選!

ためになる話



こんちは。やどちんでございます。


最近ですね、通勤中に思うことあるんです。
そう、以前強く感じていたあの気持ちです。

電車、人多くない??


いやいや、忘れてましたよ完全に。
緊急事態宣言で一気に空いて

「人すくねぇ~~~!!!!ひーーーはーーーーーー!!!!


ってスキップしながら乗車していたあの頃が懐かしいですね。
(↑完全に盛りました)


もうあの空いている頃には戻れないのね……。
って思っている人も多いのではないでしょうか。


でもご安心ください。
あの空いている頃には戻れなくともストレスを軽減する方法があります。

すぐ実践できるものばっかりなので、ぜひぜひチャレンジください!!




どの位置がいい?ポジションの確保


超大事です。(メガホン使って言ってます。)
どの位置を選ぶかによってストレス度が全然変わってきます。

以下、状況別にみていきましょう!


すぐ降りる人


これはドア付近です。間違いなく。
真ん前は出入りがあるので端を取れれば安泰ですね。

目的地に着いたとたんすぐ降りられて、混み合う前の改札やエスカレータへも
まっしぐらです。最強。



すぐ降りない人


こういう場合は通路の中ほどです。電車内ポジでは一番の安全地帯です。
意外と空間あるんですよね、この位置って。

通路の中ほどは人の出入りが最も頻繁ではない場所です。
完全に狙い目です。やどちんは乗車したらすぐここを見ます。

「空いてるけど、人がいて行きづらい…」っていう人は、オオコノハズクのように
体を細めて進みましょう。「すみません」と声かけすれば道はひらかれます。アーメン。

(↑オオコノハズクちゃんです。緊張すると一気に細くなるんです。かわいい)
気になる方はググってください。


このポジションにいれば後が全然違います。(当社比)
めんどうくさがらず、速やかに行うことがポイントです。
躊躇うと他の人にとられます。




肩幅程度の面積とって、膝を少し曲げる



満員電車の揺れはどうしてもありますよね。
毎日乗っていると「ここで揺れるな」ってポイントわかるかと思いますが
そうは認識しててもふらついてしまいますね。。
周りの人にぶつかるのも嫌ですし……


ここでは

・肩幅程度に足を開く
・ひざを少し曲げる

この2点でふらつかなくなります。マジでございます。



肩幅程度に足を開く


これで足場の安定感が全然違います。
あまりにも混雑していて厳しい時もあるかもですが、最低でも
肩幅くらいの面積は欲しいところ。

場所とりしたら速やかに確保しましょう。



ひざを少し曲げる



ほんの少しでいいです。グッと曲げる必要はまったくありません。
何気安定感があります。肩幅程度に足を開くとの相乗効果はゴイゴイスー。

やどちんは混み合う電車ではこれをやっています。
傍目から見ても違和感はないので、ご安心を!


この2つをやってみるだけで「揺れ」にすっごく強くなります。
「こやつ…できる!」って思われるかもしれません。
やってみてください!これで電車の揺れマスターだ!!



少しつま先を上げる


人の乗り降りがあるとき、電車内の動きも活発ですよね。
そういう時って、たまに足を踏まれたりしませんか?

故意ではないことはわかりますけど嫌ですよね~くそぅ。


そこで編み出したことが、「少しつま先を上げる」です!

これ、ホントに踏まれないです。
足がぶつかることはありますけど、踏まれるはないです。
満員電車ライフのイライラ度を下げてくれることでしょう。

高さが生まれる分、相手が気づいてくれるからだと勝手に思っています。
いや、そうのはず。異論は認めません。


これであなたのつま先に平和が訪れます!お試しあれ!!



まとめ



いかがでしょうか!!以上がやどちんが実践して効果あるな~と
思ったもの3選です!

おさらいしましょう。

①ホジション確保
すぐ降りる→ドア付近
すぐ降りない→通路の中ほど

②ひざを少し曲げる

③少しつま先をあげる


これで出社前のストレスは軽減されることでしょう。
すがすがしい通勤ライフをお過ごしあれ!!

ではまた!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました