ドラセナ・サンデリアーナの育て方!水の量、日当たりなどなど。

観葉植物


こんにちは。植物にドはまりのやどちんです。

観葉植物のドラセナ・サンデリアーナを購入したので、その育て方を記載していこうと思います!

ドラセナ・サンデリアーナのお手入れ方法



ドラセナ・サンデリアーナは、

科名:キジカクシ科
属名:ドラセナ属
原産地:熱帯アジア、熱帯アフリカ

の植物です。熱いところに生息しているのですね。
そんなドラセナのお手入れ方法をまとめました。

水の量は?

ドラセナ・サンデリアーナはたっぷり水をあげましょう。

ただあげすぎは禁物
育て方によって変わりますがハイドロカルチャーの場合は、溜まっている水がなくなってから次の水を足して下さい。水の継ぎ足しはNGです。
※水が腐ってしまい、根腐れの原因となります。
水の量も容器の高さの1/5程で問題ありません。


土の場合は季節にもよりますが、
春~秋:表面が乾いたらたくさんお水を与えます。
冬:そこまで必要なし、土の表面が乾いてから数日後に水やりをします。


それぞれを目安にしてみてください。


やどちんはハイドロカルチャーで育てています。ちょうど乾いていたこともあり、容器の1/5程のお水を入れてみました。

容器の1/5程水を入れました。


ちょっとわかりづらいですかね苦笑


うっすらですが、お水が入っています。
これがまた乾いたら、同じ分を足して…という流れで日々の水やりをしていきます!


日光に当てた方がいい?



光を好む植物なので、日光にあてましょう。
ですが直射日光にはご注意!強すぎる光だと葉っぱが焼けて変色してしまいます…。


こういった葉焼けを防ぐために、レースカーテン越しの明るい室内に置いておくといいですね。

※イメージです


こんな感じにすると、ドラセナも喜ぶと思います!

温度はどのくらい?


結構耐寒性があります、最低でも5~7℃以上にしておきましょう。

この温度が限界のラインです。葉が枯れ落ちてしまう原因にもなりますので、温度は上記よりも高い設定にするといいですね!
ちなみに暑さに関しては特に上限はありませんが、風通しのいいところに置きましょう。

暖房や冷房が直接あたるのは乾燥を招きますので、そういった場所は避けましょう。

肥料は?


4~9月に与えられるのが理想です。
冬よりも活動的な、春~秋に与えてあげましょう!

土か、ハイドロカルチャーかによって、適した肥料を選びます。

丈夫な植物なので育てやすい!


以上がドラセナ・サンデリアーナの育成方法です。

注意事項の条件もそんなに難しくなく、すごく育てやすいので初心者にもオススメです!ついつい手を加えたくなりますが笑、植物ファーストで最適な方法で育てたいと思います。

枯らさないように、元気に育てるぞ~。




コメント

タイトルとURLをコピーしました